丸氷の作り方と製氷機

丸氷の作り方とおすすめ製氷機

丸氷専用製氷機 ポーラーアイストレイ

 

 

 

丸氷を家で作りたいと思う方はたくさんいると思います。

 

barなどでお酒を飲む時にただのブロック氷ではなく、丸氷だとより美味しく感じられるんですよね。

 

この丸氷を家で作れるようになったらいいのになぁと思った人も多いはず。

 

そんな丸氷を家で楽しむために、丸氷の秘密やアイスピックによる丸氷の作り方、丸氷専用の製氷機について紹介していきたいと思います。

 

 

barの氷と家の氷では何が違うのか?

 

barなどで丸氷が入ったお酒を飲んだ方は気づいたかもしれません。

 

「barの氷は透明で溶けにくい」のです。

 

家庭の水道水で作った氷は白く濁っているうえにすぐ溶けるんですよね。

 

水道水は塩素やナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル分の他に、二酸化炭素といった様々な成分が含まれていますが、この水道水を使って凍らせた氷はこれらの成分(不純物)が残ったままになっているのです。

 

このため水道水で作った氷は溶けやすくなり、味もどこか機械的な味になるのです。

 

それに対し、barの氷は不純物が少ない、透明で純粋な氷です。

 

透明で純粋な氷は一体どう作るのでしょうか。

 

 

透明で純粋な氷の作り方

 

「不純物の少ない水を使って時間をかけて凍らせること」が透明で純粋な氷を作るポイントになります。

 

<水はミネラル成分の少ないミネラルウォーターを使う>
ミネラル成分も不純物になるので、できるだけミネラル成分の少ない「純水」か「軟水」を使用して氷を作りましょう。

 

「硬水」はミネラル分を多く含んでいるのでNGです。

 

注意点ですが、家庭用冷蔵庫に製氷機が取り付けられているものが多いかと思いますがこれでミネラルウォーターを使ってはいけません。
ミネラルウォーターは塩素が入っていないため、製氷機の水をいれるタンクや、その水が流れるチューブなどにカビや雑菌が繁殖する恐れがあります。

 

ミネラルウォーターを使って氷を作るときは必ず製氷皿を使って作りましょう。

 

<製氷皿の下に断熱材を敷いてゆっくり凍らせる>
ゆっくり氷を凍らせるのが美味しい氷を作るポイントです。

 

製氷皿の下に割り箸などを敷いて製氷皿と冷凍庫が直にくっつかないようにすると断熱材の高価が得られて急速に氷を作ることを防いでくれます。

 

その際は冷凍庫の設定を−4℃〜−10℃程度にするといいでしょう。

 

<冷凍中に水を一回捨てる>

 

水が氷になる時に最初に凍るのが「不純物が少ない部分」です。

 

半分程度凍ったところでまだ凍ってない部分の水を捨てて新たな水を入れることで、より透明な氷を作ることができるでしょう。

 

 

アイスピックを使った丸氷の作り方

 

【丸氷】の作り方とおすすめ製氷機

 

不純物の少ない透明な氷を作ることは書きましたが、この透明な氷を使って「丸氷」を作るにはどうすればいいのか解説します。

 

一般的なbarでは、分厚い板氷を職人技でアイスピックで一つ一つ加工しています。

 

これにはコストと手間がかなりかかりますが、これによってできた丸氷はお酒をより美味しくしてくれる事は間違いありませんよね。

 

ブロック氷は角がありますが、この角から氷は溶けて行く、つまり「角は溶けやすい」のです。

 

この角を取って丸氷にすることによって氷は溶けにくくなって、後半の水っぽいお酒になることを防ぐことができるのです。

 

テレビなどでバーテンダーが素手で氷をつかんでアイスピックを使って丸氷を作っていますがこれは相当な技術が必要であり、まさに職人技です。

 

初めて丸氷を作る人は滑らないように布などを敷いて滑らないように固定し、指先で氷を持ちましょう。

 

角を斜めに削り、氷を回してまた別の角を削り、氷を回して・・・といったようにアイスピックの角度はそのままに氷だけを回して角を取っていくとだんだんと丸氷ができてきます。

 

最後に清潔な布で磨くとさらにきれいに仕上がります。

 

 

手で丸氷を作るのは難しすぎる

 

素人がバーテンダーを真似ていきなり丸氷を作るのはかなり難易度が高いです。

 

しかし丸氷を自宅で簡単に作れる方法があるのです。

 

それは、「丸氷専用の製氷機」です。

 

ただ丸氷の型を使えば形は再現できますが、同じように曇った溶けやすい氷のままです。

 

しかし、特殊な構造(世界各国で特許取得)の丸氷専用の製氷機「ポーラーアイストレイ」を使えば透明な丸氷を作れるのです。

 

【丸氷】の作り方とおすすめ製氷機

 

冷蔵庫の製氷機で作った氷は底の方が不純物により白く濁っていますが、ポーラーアイストレイでは内部構造で丸氷の下の底に白く濁った氷を作るスペースがあるため、丸氷部分は透明なままなのです。

 

このポーラーアイストレイを使うことによって透明で不純物の少ないbarのような氷が家庭で作ることができるのです。

 

【丸氷】の作り方とおすすめ製氷機

 

 

丸氷専用の製氷機ポーラーアイストレイのあれこれ

 

家庭で丸氷を作れる製氷機、ポーラーアイストレイについて気になることをまとめました。

 

丸氷の保管容器

ポーラーアイストレイで作った丸氷を最大4個ストックできる保管容器もついてきます。
ストックしておけば来客にいつでも丸氷を提供することができます。

 

丸氷のサイズ

一般的なロックグラス(直径7.5-8.5cm)に 合わせるのにちょうどいい、約6センチの丸氷ができます。

 

丸氷を凍らせるのにかかる時間

-18度で約12時間ですが、じっくり凍らせたほうが美味しい透明な氷ができあがります。
水を入れる際はジャバーっと入れると気泡や不純物が入るのでゆっくり注ぎましょう。

 

番組にも取り上げられた

ドランクドラゴンのバカ売れ研究所でもポーラーアイストレイが紹介され、販売数を急激に伸ばしているそうです。
番組動画はこちら

 

返金保証つき

ポーラーアイストレイが思ったような使用感が得られない場合、30日間の返金保証付きがついているのでこれは嬉しいポイント。

 

 

barで飲むか、家で飲むか

 

丸氷を使ったお酒を飲むのは格別ですよね。

 

しかし毎回barに行くのもお金がかかります。

 

丸氷が家で作れるだけでお酒が美味しくなり、barに行く機会が減り、支出も減っていいことづくめです。

 

ぜひ、家でbarのような丸氷を作ってお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

丸氷専用製氷機ポーラーアイストレイ

【丸氷】の作り方とおすすめ製氷機